ランブットサプリに副作用の危険性はあるのか?

ランブットサプリ副作用

 

ランブットサプリは、育毛剤サプリでは珍しいインドネシア産の「ノニ」粉末成分が配合されているので、なにかと注目されていますね。

 

さらに有用成分を2,000mgも配合しています。
また、体内吸収率をアップするように工夫して作られていますので、他の育毛サプリよりもきちんと差別化できていると思います。

 

 

そんなランブットサプリですが、効果が期待できるだけに副作用が心配ですよね。

安全性に問題ないのでしょうか?

 

 

 

 

ランブットに副作用は基本的にあるのか?

 

ランブットサプリは、基本的に健康食品です。
主原料は、食品や植物(ハーブ)類なので、危険性を伴うような副作用はありません。

 

1日6粒の摂取量を守っている限り心配ないです。

 

ただ、食品アレルギーがある人は注意が必要です。過去に育毛サプリを飲用して副作用があった人も同様です。
これらの方は事前にお医者さんに相談してから飲みましょう。

 

 

 

ランブットの副作用の可能性を成分から紐解く

ランブットは基本的に副作用の心配がない安全な健康食品です。
ただし、まれにちょっとした頭痛があったり頭がぼう〜としたり軽く副作用を感じる人もいるようです。

 

そこで、ランブットの成分別に副作用の可能性について調べてみました。

 

 

亜鉛酵母 120mg

亜鉛酵母とは、酵母培養で作られた有機亜鉛で、亜鉛含有量(亜鉛12mg)の高い天然型ミネラル食品です。

亜鉛酵母

亜鉛は、必修ミネラル16種のうちの1つ。
赤身の肉、鶏肉、魚介系、卵、大豆類、ナッツ類に多く含まれている成分です。
亜鉛が不足すると、色々な体に不調をもたらすので無くてはならない成分です。

 

でも、過剰摂取すると、下痢や頭痛、嘔吐など副作用を起こす恐れがあります。
ランブットサプリの摂取量は必ず守りましょう。

 

 

ノコギリヤシ 370mg

ノコギリヤシ

 

昔から男性が抱える悩みに需要な働きをする有用成分が豊富に含まれています。
ノコギリヤシは、胃が不快になったり、軽い副作用が起こる副作用があります。

 

 

L-リジン 600mg

L-リジンも必須アミノ酸の一つで、髪の毛のケラチンを作ります。

L-リジン

 

L-リジンは、過剰摂取で肝機能障害・胃痛・下痢などの副作用を引き起こすことがあります。
適量だったら問題ありません。

 

 

L-シスチン 100mg

L-シスチンは体の内部から代謝を促す働きがあるアミノ酸の一つです。
髪の毛や皮膚などに多く含まれています。
牛ヒレ、鶏胸肉、小麦や大豆、かつお節などから摂取できます。

L-シスチン

L-シスチンの副作用については情報は見つけられませんでした。

 

 

大豆イソフラボン150mg

大豆イソフラボンとは、フラボノイドの一種で、大豆を原料として食品のほとんどに含まれています。

大豆イソフラボン

女性ホルモン「エストロゲン」と同じような働きをするので過剰摂取すると、乳がんなどのリスクが高くなると言われています。

 

 

クエン酸 360mg

クエン酸は柑橘類に含まれる成分です。
疲れたときに摂る人も多いですね。

クエン酸

クエン酸は食品添加物でもあるので、これといった副作用はありません。

 

 

ビタミンC 100mg

ビタミンC

ビタミンCは、柑橘類やトマト、キャベツ、緑ピーマン、グロッコリー、じゃがいもなどに含まれている成分です。
特に副作用はありません。

 

 

マルチミネラル 100mg

マルチミネラル

マルチミネラルも、これといった副作用はありません。

 

 

ノニ 100mg

ノニはノニジュースの形で摂取することが多いと思います。
民間伝承的には色々な効用があると言われています。

ノニ

 

副作用については、不明です。
噂レベルでは、あるメーカーのノニジュースを飲んで肝機能に不具合が出たことがあったと報告がありますが、確かなことは分かりません。
ノニジュースにはメーカーによって配合成分が違うので、原因が特定できないのです。

 

もちろんランブットサプリを摂取して副作用があったという口コミはありませんでした。

 

 

 

まとめ

ランブットサプリは健康食品なので、副作用の心配はほとんどありません。
しかも一般的な錠剤アプリと違って各成分の配合量が多く、不要な添加物の割合が少ないので、安全性は決して低くありません。

 

製造も、国内GMP認定工場で行っているので品質の心配もありません。

 

 

 

 


TOPへ